header-bannerimg

6,000円以上の購入で送料無料

凍頂烏龍茶がダイエット向きと言われる理由を解説!効果を得るための飲み方は?

「凍頂烏龍茶にダイエット効果はあるって本当?」
「ダイエット効果をより得るための飲み方は?」

ダイエットにおいて今注目を集めている「凍頂烏龍茶(トウチョウウーロンチャ)」ですが、むやみに飲み続けてしまうとカラダに悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。

本記事では凍頂烏龍茶のダイエット効果について、ダイエットに向いている理由やおすすめの飲み方などをご紹介していきました。

凍頂烏龍茶で健康にダイエットしたいという方、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


凍頂烏龍茶はダイエットにも効果があるの?


台湾でも大人気の「凍頂烏龍茶」には、美容効果やアンチエイジング効果などのさまざまな嬉しい効能がありますが、実はダイエットにも効果的な成分を多く含んでいるのです。

凍頂烏龍茶を飲むことで、脂質の多い食事をしても脂肪としてカラダに吸収されなかったり、お出かけや運動中に脂肪燃焼しやすいカラダ作りをしてくれるなど、ダイエット中の方にはありがたい効果をたくさん得ることができます。

とはいえ、凍頂烏龍茶を含むダイエット効果のあるお茶を飲んでいるだけで痩せるということはなく、あくまで脂肪の吸収を抑える効果があったり、脂肪燃焼をしやすくするなど、ダイエットのサポートをしてくれるという認識を持っておきましょう。

それでは、凍頂烏龍茶がダイエットに向いている理由について具体的にご紹介していきます。


凍頂烏龍茶がダイエットに向いているといわれる理由

下記の3点が主な理由になっています。

・烏龍茶重合ポリフェノールが配合されているから
・美味しく飲めて続けやすいから
・緑茶よりもカフェインによる影響が少ないから

それぞれの理由について詳しくご紹介していきます。


1.烏龍茶重合ポリフェノールが配合されているから

凍頂烏龍茶には「烏龍茶重合ポリフェノール」が豊富に含まれており、これがダイエットに非常に効果的なはたらきをしてくれるのです。

例えば、体を動かしてくれるときに消費されるカロリーや睡眠中に消費されるカロリーの消費を促してくれるだけでなく、同時に厄介な中性脂肪の燃焼を促してくれるという効果があります。

また、ダイエットの大敵となる血中に含まれる悪玉コレステロールを抑制してくれるはたらきもあり、まさにダイエット中の方には至れり尽くせりなのです。

2.美味しく飲めて続けやすいから

ダイエット効果のあるものは運動や食事制限など、さまざまなものがありますが、ダイエットでもっとも重視するべきポイントは「続けやすさ」と考えている方も多いのではないでしょうか。

その点、凍頂烏龍茶は毎日飲むだけでダイエット効果を継続して得ることができますし、何より美味しく飲めるのでダイエットをするという感覚がなくても継続して飲み続けることができます。

ですので、今までダイエットが続いたことがないという方にも凍頂烏龍茶はおすすめのダイエットですよ。

3.高級緑茶よりもカフェインによる影響が少ないから

カフェインはWHO(世界保健機関)によって摂取量が制限されるほど過剰摂取するとカラダに悪影響があるとされる成分ですので、お茶を飲み続けるときに「カフェインの含有量」を気にするという方も多いはずです。

しかし、凍頂烏龍茶はダイエット効果のある高級緑茶に比べてカフェインの含有量がとても少なく、ダイエット効果のある高級緑茶に含まれるカフェインの量「160mg/100ml」ほどに対して、凍頂烏龍茶には「20mg/100ml」ほどしか含まれていません。(参照:社団法人千葉県薬剤師会「飲料に含まれるタンニン・カフェイン量」)

また、カフェインには「覚醒作用」などの悪影響を及ぼす可能性のある効果のほかにも「利尿作用」や「脂肪燃焼効果」などのダイエットにも効果的なはたらきがありますので、ノンカフェインではなく適度に含まれているのはとても多いことなのです。

カフェインの摂取については厚生労働省が発表している下記を参照してみてください。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがありますので、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

また、カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

(厚生労働省「Q.1 清涼飲料水など食品に含まれるカフェインを過剰に摂取することは健康に問題があるのでしょうか。」より一部参照)


凍頂烏龍茶ダイエットで効果を得るためのおすすめの飲み方


凍頂烏龍茶ダイエットでより効果を得るためのおすすめの飲み方は下記の3つです。

・過剰摂取しない
・ホットで飲むようにする
・こまめに飲むようにする

それぞれの飲み方について詳しくご紹介していきます。

1.過剰摂取しない

凍頂烏龍茶には、先ほどお伝えした「カフェイン」のほかにも、「タンニン」と「シュウ酸」などの飲みすぎるとカラダに悪影響を及ぼす成分も含まれていますので、飲み過ぎには注意が必要です。

タンニンに関しては副作用が少ない成分ですし、タンニンが豊富に含まれるコーヒーに比べてみても3割ほどしか含まれていませんので、それほど過剰に気にする必要はありません。

ただ、尿管結石ができたことのある方や尿酸値の高い方(痛風の方)は、シュウ酸の摂取量を気にする必要があります。

というのも、尿管結石は非常に再発しやすく、尿酸値の高い方は尿管結石ができやすく、その原因となる成分が「シュウ酸」だからです。

ですので、尿酸値が高い方は特に凍頂烏龍茶の過剰摂取を控えましょう。

2.ホットで飲むようにする

凍頂烏龍茶は、冷たい状態で飲むよりホットで飲む方がカラダに負担にならずダイエット効果を得ることができます。

というのも、冷たい凍頂烏龍茶を体内に入れてしまうと代謝が上がりにくくなってしまいますが、ホットで飲むことで代謝が上がりやすくなりより脂肪を燃焼しやすくなるからです。

ホットが苦手という方は常温で飲むこともオススメですよ。

3.こまめに飲むようにする

凍頂烏龍茶がいくらダイエットに効果的だからといって、短時間でたくさん飲んでしまうとカラダに悪影響を及ぼす可能性もありますので注意が必要です。

凍頂烏龍茶は、起きたときや食事中、寝る前など、さまざまなタイミングでこまめに摂取することでよりダイエット効果を得ることができます。

まとめ

本記事では、凍頂烏龍茶のダイエット効果について、ダイエットに向いている理由やおすすめの飲み方などをご紹介していきました。

お伝えした通り、凍頂烏龍茶にはさまざまなダイエット効果がありますが、含まれている成分を理解して過剰に摂取しないことも大切になります。

ぜひ本記事を参考にして、健康的に凍頂烏龍茶でダイエットできるようにしてみてください。

 

百二歳では本場台湾で生産した「凍頂」などの台湾茶を販売しております。

台湾で人気の茶店の味を是非日本でお試しください。

「凍頂」の購入はこちら

← 投稿順